ビジネスコミュニケーションやマナーの研修は、どうしても常識的な内容ばかりになります。
 例えば、コミュニケーションの基本は挨拶ですが、これは誰もが小さい子供の頃から教えられてきています。
 「挨拶は人間関係の潤滑油、アは明るく、イはいつでも、サは先に、ツは続けて、と覚えてやりましょうね」と言うだけの凡庸な講師では、社会人の心はつかめません。この記事では、当たり前、で終わらせない視点、切り口について述べます。(館長 大嶋利佳)
 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。