以下の通り実施します。 

●稽古目的  プロ講師、コンサルタント、指導者として必要な講義力、質疑応答力、コメント力を身につける

●稽古方法  

・構成方法(PREP法、箇条書き法など)を習得活用し、1・3分間での発言発表を繰り返し行う

・他の参加者の発言発表を聞き、合わせて建設的な評価コメントを行うことにより、相互に学ぶ

・受講中および発言発表中の聞き苦しい話し方、講師の価値を下げるような言動、不適切な立ち居振る舞いをなくす

●募集対象者

・年齢不問 ビジネス経験のある成人を対象とします

・独立自営の講師講演者、コンサルタント等ビジネス知識を講義説明する仕事に就いている人、または目指す人

・職場内講師、または上司先輩として指導的な立場に就いている人、またはこれから就任予定がある人

・その他教育的団体組織の講師など講義説明する仕事に就いている人、または目指す人

※ビジネス上の必要性がなく、単に「話ベタを直したい」「人前で堂々と話せるようになりたい」人は対象としません。

●稽古通常プログラム例(2時間)

 

項目

内容概略

前半

55

・講師参加者自己紹介 

・担当講師ワンポイント講義

・発声発音練習、フェイスストレッチ

・1分間ショートスピーチ練習

・講師として効果的な工夫をした自己紹介を、毎回行います

・担当講師または受講者によるワンポイント講義を行います

・基本となるトレーニングを行います

後半

55

・3分間ミニレッスン練習

・質疑応答練習

・本日のまとめ、受講者感想など

・受講者によるミニレッスン発表および質疑応答練習を行います

・発表内容は受講者の指導範囲から自由に選択します

・担当講師による総評、まとめをおこないます

※間に10分間の休憩をはさみます  ※場合により、短縮延長することがあります

 

●指導事項

 稽古を通じて以下のような点を徹底的に身につけ、講師として、人間として信頼される存在となることを目指します。

*無駄な言い淀みをなくす(「えーと、あのー」の連発など)

*不適切な態度、立ち居振る舞いをなくす(不必要に身体をゆする、髪や顔にしきりに触れる、視線をさまよさせる、原稿資料ばかり見る、姿勢の悪さ、発声発音の不明瞭さなど)

*不適切な発言を排し、講師として信頼される話し方、言葉遣いを習得する
 

禁止事項例 (以下のような発言は、冗談軽口であっても避けることを求めますので、了承の上参加してください)

・講師としての基本的な能力、資質を疑われる発言

「なにを言いたいのか分からなくなっちゃいました」「頭が真っ白になっちゃいました」「緊張しています、あがっています」「本当はやりたくないんですけど」など

・講師としての価値を下げる発言 

「経験が浅いので」「勉強不足なので」「自信がないのですが」「○○さんほど上手くはできませんが」など

・時間管理力不足をさらけ出す発言 

「時間がなくて準備していませんが」「時間がないので全部は話せませんが」「時間がなくなってしまったので、端折りますが」など

・講師としての専門性を損なう発言

「こうした方がいいと思います」(言い切るべき内容なのに断言を避ける)、「こうした方がいいと思うんですけど、皆さんいかがでしょう?」(言い切るべき内容なのに断言を避け判断を聞き手に委ねる)など

・講師としての人間性を疑われる発言

「飲み過ぎちゃって二日酔いです」「可愛い女性がいると(イケメン男性がいると)講義のやる気がでます」のように、性別、外見、国籍、宗教、生活習慣、政治信条の話題に不必要に触れ、聞き手を不快にさせる発言など

●受講回数、年限

 特に期間や回数の制限は設けません。講師道の修行として長期間受講することを前提とします。

●評価および講師登用

 1年以上継続受講し、特に意欲と実力のある受講生には、当講座の担当講師としての登用、また当講座支部の設立運営を認めます。

 

 ●参考図書
「すぐできる!論理的な話し方」大嶋友秀(雙志館師範)著 
日本能率協会マネジメントセンター刊1300円(税別)
51RvHA49OUL