■ワンポイント・エッセイ 心身を鍛える(5) 大嶋利佳

 一時期、「そのまま、ありのままの自分でよい」というフレ
ーズが流行りました。今でもよく耳にします。この肯定的な言
葉は、私たちに安心を与えてくれますが、これとは逆に「こん
な自分ではだめだ」という厳しい現実を突きつけてくるのが、
練習や稽古というものでしょう。
 武道の稽古にしても、スポーツや楽器演奏、また語学の会話
やスピーチの練習にしても、「今よりも少しでも改善、向上す
る」ことが目的です。そのためには、現状の力不足を自覚し、
人前にさらし、そして乗り越える努力が求められます。
 つまり、「今の自分ではだめだ」という自己否定に耐える力
を試されるのが、稽古や練習だと言えるでしょう。
 「今の自分ではだめだ」という現実に向き合うのは辛いもの
で、できればやりたくない、やらなければならないのなら短期
間で済ませたい、と思うのは人情です。しかし、中には「辛く
ても、どんなに長く続いても構わない、やり抜くのだ」と決意
し、忍耐力をもって取り組む人もいます。
 このような、自己否定に対する忍耐力こそが、心の強さと言
えるのではないかと、私は考えています。