■ワンポイント・エッセイ
講師の満足度(2)自分にとっての満足度 その2 占部正尚

 頭の中で同心円を描いてください。真ん中に円があり、それを
取り囲むようにひと回り大きな円、さらにひと回り大きな円、と
いったように、だんだんと輪が広がっていくイメージです。
 次に、真ん中の円に講師としての「自分」、ひと回り大きな円
に「受講生」、その向こう側に「顧客企業」、さらに向こう側に
「社会」と書き込んでください。
 お気づきの方も多いと思いますが、この同心円は満足の輪が広
がっていく様を表しており、これから満足できたところに色を付
けていきます。
 新人の講師の方は、一生懸命に講義することで精一杯かも知れ
ません。同心円に色を付けるとすれば、中心円、すなわち自分の
部分を薄く塗ることになります。
 この時点では、受講生や顧客企業、ましてや社会の部分には色
が付かないケースが多いでしょう。もちろん、それでも構いませ
ん。まずは自分が講師として認められる最低限のレベルを確保す
ることが求められるからです。
 認められるためには、講義に必要な知識・情報を本やネットか
ら仕入れ、セミナーに参加して勉強し、話す練習を何度も繰り返
し行うことになります。
 こうした努力を積み重ねていくと、中心円の色が次第に濃くな
っていき、気づくと、向こう側の受講生や顧客企業の部分が薄く
色づいているはずです。
 この次の段階としては、やはり受講生や顧客企業の部分の色を
濃くしていくための考え方や努力の仕方が重要です。