■ワンポイント・エッセイ 自分で考える(7) 大嶋 利佳

 前回、講師志望の人に向けて「90分間、なんでも好きなこと
を指導、講義していいとしたら、何をするか」を考えてみるよう
お勧めしました。通常の講義時間の目安として90分としました
が、経験が浅いうちは30分でも60分でも構いません。あるい
は「まず講義内容をA4用紙1枚程度にまとめてみよう」といった
取り組み方でもよいでしょう。
 大切なのは、白紙の状態から何かを自力で創ってみることです。
 こういうと「でも、知識や経験がないので」とためらう人がい
ます。しかし、講師としての知識や経験がなかったとしても、誰
にでもその人の人生経験はあります。誰でも自分の人生で悩んだ
り困ったりし、成功や失敗を重ねて今日まで生きてきたはずです。
 人にものを教えるのは、自分の人生経験を伝えることです。私
はコミュニケーション指導を主としていますので、なおさらそう
考えます。コミュニケーションは誰でも、自分の人生を通じて学
んでいるはずだからです。
 「人から教わっていない自分は何も知らない」という思い込み
から脱し「誰にも教えてもらっていなくても、自分には人生から
学んだものがある」という自信をもって、何をどう教えたらいい
のか、自分で考えましょう。