■ワンポイント・エッセイ
   プロ意識を体現する(7)謙虚以上、傲慢未満(その3)
                                         占部 正尚

 一般的に謙虚な姿勢とは、他人の話によく耳を傾け、素直にア
ドバイスを聞き入れることと考えられますが、講師の場合、受講
生全員からヒアリングをすることは多くのケースで不可能です。
 そこで、受講生の反応を知るためにアンケートが取られ、その
結果をよく分析して次回に活かすことが謙虚な姿勢であると研修
業界では思われがちですが、果たしてそうでしょうか。
 近年はインターネット上で、匿名で特定の人物を誹謗中傷する
行為が日常茶飯に行われるようになりました。
 その影響はアンケートの書き方にも表れ、主催者や講師につい
て論評したり、批判することが目的であるかのような記載を目に
することも珍しくはなくなりました。
 こうしたアンケート結果によって右往左往する講師もいますが、
毎度このようなもので心を揺さぶられたり、対応できかねるもの
の対策を無理に考えたりするのは、精神的にも物理的にも無駄が
多いのです。
 そこで次回以降、社会人全般に求められる3つのスキル、すな
わちテクニカルスキル(技術力)、ヒューマンスキル(人間関係
調整力)、コンセプチュアルスキル(概念形成力)に分けて、ア
ンケート結果の対処法を考えます。