■ワンポイント・エッセイ
   先生と呼ばれる仕事(2)   大嶋 利佳

 今月は、講師やコンサルタントが「先生」と呼ばれることにつ
いて考えます。
 前回述べた通り、講師やコンサルタントには何ら公的な資格は
ありません。そのため実力の伴わない「自称講師、コンサルタン
ト」も少なからずいます。
 講師養成講座で習った内容をなぞることしかできない人、「自分
はこうだった、自分はこうした」と過去の体験談しか語れない人、
「私は説明が下手。質問されたら困る。受講生が寝ていてくれた方
がいい」と口にして恥じない人・・・そんな情けない自称講師、コ
ンサルタントをたくさん見てきました。これでは、人から「先生」
と呼ばれるに値しません。
 自分が指導しようとする分野について、人の何倍もの知識と経験、
それに自分なりの洞察を持っていなければ、プロとして仕事をする
資格はないと私は考えています。単に「社会経験があるから」「養
成講座やセミナーに通ったから」ではない、人を指導するに足る裏
付けとなる何かを確立すること。それが、講師やコンサルンタント
として長く働き、成功するためには欠かせません。