空手をはじめたのは、講師に必要なことを学べる機会だと考えたからです。講師は人を相手にしています。集合研修となれば、いろんな人が参加する中で、凛として向き合う姿勢は時として、対決するような心の強さも求められます。そんな心の強さを鍛えるために、空手は役立っています。また、姿勢の軸を一定に保つこと、俊敏に動くことなど、講師は体力も重要です。空手の稽古は基本的な体力増強にも役立ちします。心身ともに健康であることは、講師をやるものとして、常に気をつけないといけないでしょう。私にとってそれが空手なのです。講師道錬成道場・雙志館・空手道部は、講師が鍛えるための絶好の機会です。ぜひ、一緒にやりましょう。

大嶋友秀空手初体験写真20180422(作成1012 )
2018年4月22日稽古初参加時の写真 代官山カラテスクールにて。