■ワンポイント・エッセイ
       仕事と空手の日々(3)  大嶋 利佳
 前回、研修に試し割りを取り入れていることを書きました。
「板を割る」という普段にはない体験をして、研修を印象に残して
ほしいからですが、意図は他にもあります。
 それは、決断や革新には不安や痛みがつきものだというメッセー
ジを、研修の締めくくりに伝えたい、ということです。試し割りに
用いるのは、初心者用の一番薄い板ですが、それでも初めての人に
とっては「自分に割れるのだろうか?」という不安があります。そ
して、割れば手に衝撃を感じ、じんわりと痛みが残ります。
 挑戦には不安が伴い、行動すれば痛みを感じる。これは人生のど
んな場面でも共通して言えるのではないでしょうか。そのことを、
受講された方に実感してもらえたらと考えています。
 新人研修というと、お辞儀の仕方や敬語の使い方など基本的なビ
ジネスマナーを教えるものだと思われがちです。実際に、そうした
ことを表面的に教えるだけの講師も少なからず見受けられます。
しかし、私はそれだけではなく、不安や痛みを乗り越えて挑戦し、
成長する姿勢を伝えていきたいです。
 テキストに書いてある常識や、仕事に必要なスキルだけではなく
生き方を教える。この姿勢があってこそ、指導者と名乗れるのだ
と私は考えています。これは講師業だけでなく、先輩上司の立場
にある人にとっても求められる姿勢ではないでしょうか。