■ワンポイント・エッセイ 講師の5W1H 第12回(最終回)
       HOW(どのように)その2     占部 正尚

 講師が「HOW(どのように)講義するのか」を考える目的とは
何でしょうか。もちろん、自分の講義スタイルを確立し、選ばれ続
ける講師になるためですが、それはあくまでも第二目的です。
 第一目的は、第1回「WHO(だれ)が主役か?」でも書いたよ
うに、主役である受講生が講義内容を理解し、確実にスキルアップ
するためです。
 その第一目的を果たすためのキーワードは2つあります。
 1つ目は「双方向」であり、さまざまな手法が考えられます。
 例えば、「質問をして相手に考えさせ、答えさせる」、「テキスト
内の重要な記載は空欄にしておき、考えながら記入させる」といった
ように、受講生に考えさせながら、ポイントを講師が教えて気づかせ
るというスタンスが有効です。
 2つ目は「分かりやすさ」です。口頭の説明だけではなく、資料や
スライドで視覚的にポイントを訴えたり、記載内容も文字だけではな
く図やグラフ、イラストなどを盛り込んで、より理解が進むような工
夫が大切です。
 当たり前すぎて、気が抜けた人もいることでしょう。しかし、世の
中は“日進月歩”であり、視覚化・聴覚化の技術はここ10年ほどで
驚くほど進んでいます。
 選ばれ続ける講師になるために、あくまでも受講生の理解を促進す
るという目的を意識しながら、講義の仕方に新しい技術を加え、自分
のスタイルを確立してください。