━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年3月19日-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワンポイント・エッセイ  講師の5W1H
    第9回:WHERE(どこで)その1  占部 正尚

 今回は「WHERE(どこで)講義するのか」について考えま
す。もし、研修会場に到着したとき、そこが体育館で音が響きす
ぎて、スピーカーから出る声も割れると分かったとき、どうしま
すか?
 会場が食堂の片隅で、昼食時はいろいろな社員が入ってきて騒
がしいと分かったとき・・・プロジェクターが故障して、用意し
てきたスライドが使えないとき・・・どうしますか?
 選ばれ続ける講師は登壇回数も多いため、このようなトラブル
に見舞われたり、研修会場として相応しくない場所で実施せざる
を得ないという苦境に立たされる可能性も高まります。
 事前にどのような会場で実施されるかを確認することが大切で
すが、それでも不測の事態は起こってしまいます。やはり、日頃
からトラブル対応について考えておく必要があります。
 音が響きすぎる場合、マイクを腹の位置まで下げ、いつも以上
に滑舌よく話したり、騒がしい会場では演習(ディスカッション
や書く作業)を多めにして集中力を維持させたり、スライドが無
くてもホワイトボードへの記載で対処できるよう心づもりをして
おくなど、対処法はいくらでも考えられます。
 どんなに講義しづらい会場であっても、「備えあれば憂いなし」
の意識で日頃から準備をしておき、主役である受講生が学習しやす
い環境を演出することが大切です。