━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年 2月26日-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワンポイント・エッセイ
講師の5W1H 第6回:WHY(なぜ)その2 占部 正尚

 選ばれ続ける一流の講師は、「WHY(なぜ)講師をするのか」
という目的を二通り持っています。ひとつは前回説明した私的な目
的であり、もうひとつは公的な目的です。
 これは、講師の仕事を通して社会に貢献することを自身の目的と
して強く思うことであり、これは“志”と捉えてよいと考えます。
 できれば、「コミュニケーションを通して心の通い合う社会作り
に貢献する」、「日本企業の国際競争力の向上に貢献する」など、
自分が得意とするセミナー・研修テーマに関連した概念を「公的な
目的≒志」として、ホームページやブログ等に掲載することをお勧
めします。
 志の高い講師は、私的な目的だけで取り組む講師よりも、自ずと
言動や行動に責任感や使命感がにじみ出ますし、説得力が増します。
 また、志を文章や動画で公表することでモチベーションが高まり、
同時に講師として相応しくない言動・行動への歯止めにもなります。
 最初は高尚な言葉だけが先行しても構いません。形式的な標語に
なってもよいのです。器を作ってしまえば、その人が一流の講師に
なる意志さえあれば、器に合わせて必ず中身は膨らんでいきます。
 ぜひ、研修担当者や受講生からの信頼を得るためにも、取り組ん
でください。