━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 講師道錬成道場『雙志館』通信 -2018年1月25日-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワンポイント・エッセイ
「敬語・言葉遣いワンポイントレッスン」(2)大嶋利佳

 「敬語って、日本語って難しいですね」とよく言われることが
あります。確かに、単純、簡単なものではありません。しかし私
は、上司あるいは責任者として敬語指導をする人には、この言葉
を安易に使ってほしくありません。「指導の場では、難しいなど
と口にしないでください」と、はっきりお願いすることもあります。

 「難しい」と口にすると、それを聞いた周囲の人たちに「だから
できなくても、間違っても仕方がないですよね」という隠れたメッ
セージを発信することになります。
 「難しくはない。少し文法、用法の知識を勉強すれば、正しく
使える」、「社会人として、毎日使う言葉を難しいなどと言うのは、
情けないことだ」という毅然とした言動を上に立つ人が示してこそ、
部下後輩、若手も「しっかりしなければ」と気を引き締めます。
 「難しくない」と言い切れる上司、指導者になるためには、まず
は自分が勉強しなければなりません。それを避けて「難しい、難し
い」と部下後輩と言い合い、うなずきあっていては、成長はありま
せん。