■ワンポイント・エッセイ   
口に出さない強さ(3) 大嶋 利佳  

「言う必要がない、言っても仕方がないことは口にしない」。 これは日常生活にも、持っておきたい心構えです。  
 女優、吉永小百合のエピソードとして、極寒の地でのロケでも、 決して「寒い」と口にしなかったという記事を読んだことがあり ます。「なるほど、そうだろうな」と思いました。 もしも「寒い!寒い!」と騒ぎ立てるような人であれば、日本 を代表する大女優という評価は得られなかったに違いありません。 どんな分野でも大物と言われる人には、こういう余計なことは言 わなかった、というエピソードがあるものでしょう。  
 「暑い、寒いといちいち口にしない。温度が不快なら、エアコン をつけるなり衣類を調整して自分でなんとかする。それができない なら黙って耐える」。
 私は、日常生活でそう心がけていますし、講 師志望者にもそう言います。
 日頃から、言ってもどうにもならない、人に聞かせても意味がな いことは言わないようにする。それが、その人の話を密度の濃い、 聞き手にとって価値のあるものにします。  
 講師コンサルントはもちろん、職場で上司先輩と呼ばれる立場に ある人なら、心がけたいことです。